" ピクチャ " の概要・ツールの説明
" ピクチャ " は、写真としてメモを記録したい場合に使用します。

ピクチャを追加した時点では、画像は無く " no image " と表示されます。(図1)
画面をタッチすると、カメラが起動します。長押しで、ギャラリーからのインポート
ができます。また、画像を取り込むと、以下の操作が可能です。

・タッチ操作による移動、ピンチインピンチアウトによる拡大縮小。
・画面ダブルタップで元の位置に戻す。
・カメラボタンでカメラ起動、写真の撮り直し。
図1. " ピクチャ " メモ表示画面
ピクチャのメモ表示画面

ツール画面
" ピクチャ " ツール画面には以下の機能が用意されています。
図2. " ピクチャ " ツール画面
ピクチャのツール画面

メモの削除
ゴミ箱のアイコン " メモの削除 " は、閲覧中のメモを削除します。
各ツール画面共通の機能です。

タグの追加・確認
" タグの追加・確認 " は、閲覧中のメモにタグを追加します。また、
長押しによって、追加済みタグの確認、削除などが行えます。
各ツール画面共通の機能です。

参照 : メモにタグを付ける
参照 : メモからタグを外す

インポート
現在、取り込んでいる写真を破棄して、新しい写真をギャラリーから
取り込むことができます。

参照 : 写真をギャラリーから取り込む

エクスポート
画像ファイルとして、送信メールに添付したり、クラウドサービスなどに
アップロードすることが可能です。

参照 : 写真を外部にエクスポートする

画像の編集
画像の回転、切り取り(トリミング)、反転(ミラーリング)などの編集を
することができます。

参照 : 回転・ミラーリング・トリミング

ペイント変換
" ピクチャ " を " ペイント " に変換します。写真の上に何か描画したい場合は、
ペイント変換します。

参照 : ペイントに変換する(写真に描画する)